オールセラミック、ジルコニア

オールセラミック、ジルコニアとは?

オールセラミックとは、セラミック100%の差し歯です。一昔前のセラミックのいえば、内側に金属を使用した、「メタルボンド」が主流でした。現在では、ジルコニアをはじめとする硬く強度に優れたセラミックを加工することができるようになり、金属を使用する必要がなくなりました。当院では、様々な種類のセラミックを部位や症例によって使い分けておりますが、価格は統一しています。状況に応じてもっとも適したセラミックを使用させて頂きます。

オールセラミック、ジルコニアの代表的症例

前歯5歯分に、メタルボンドが装着してありました。色、形などに十分満足できないとのことで、相談によりジルコニアよ使用したオールセラミックにて作り直しをさせて頂くことになりました。メタルボンドには、内側に金属を使用しますので、どうしても透明感を出すのが難しくなります。

 

ジルコニアをフレームに用いたオールセラミックを装着しました。術前のメタルボンドと比べると、透明感が格段にあがり、より自然の歯に近い色調を得られていることは、一目でお分かり頂けると思います。

 

メールでのお問い合わせはこちら