ラミネートベニア

ラミネートベニアとは?

ラミネートべニアとは、歯の表面を少しだけ削って、薄いセラミックのシェルを貼りつける施術法です。

削る厚みは、0,2~0,8mm程度で、通常、麻酔なしで削ることができます。

歯と歯の間の隙間を埋める場合、ダイレクトボンディングよりも大きな隙間を改善できます。

セラミックならではの透明感にあふれた美しい仕上がりを得られます。

ラミネートベニアの代表的症例

この症例は、正中離開いわゆるすきっ歯を改善したものです。このくらいの隙間がある場合、ダイレクトボンディングよりもラミネートベニアの方が、確実性のある治療となります。ご相談の上、前歯4歯にラミネートベニアを装着することにしました。

ラミネートベニアを用いて改善できることは、歯と歯の間の隙間、歯の色調、歯の形、多少の歯並びの乱れなどです。ダイレクトボンディングに使用する「ハイブリッドセラミック」よりも素材としてのグレードが高い「セラミック」を使用しますので、術後の安定性にも優れています。

メールでのお問い合わせはこちら